♪とどけ♪ 心がつらい子ども達へ 国立成育医療研究センター(音が出ます)

国立研究開発法人国立成育医療研究センターのYouTubeチャンネルを貼らせて頂いています。

転載については、製作元のNHKエンタープライズ様に確認をとらせていただき使用をさせて頂いております。

 

国立成育医療研究センター
【HP]  https://www.ncchd.go.jp/index.html
【YouTubeチャンネル】

https://www.youtube.com/watch?v=JsmFuCfdbDk


18歳までの子どもたちへ

【こころ×子どもメール相談】kodomo-liaison@ncchd.go.jp

「学校に行きたくない・・・」「誰も話をきいてくれない」「生きているのがつらい・・」など、つらさや悲しみをたった一人で抱え込んでいませんか?

ちょっとでも辛いと感じたとき、私たちにメールで相談してください。一緒に考えたいと思っています。

国立成育医療研究センターをはじめとした様々な機関の子どものこころ専門医・小児科医・精神科医・心理士などが、あなたの声を1つ1つ受け止め、お返事します。

 

■この動画について この動画は、すべての子どもたちのために作られました。

もし「自分の悩みやしんどさを聞いてほしい」という人がいたら、 上のアドレスまでメールをください。

 

■セルフアドボカシーについて

「自分らしく生活するために、他人に理解してほしいことを伝えること」を、「セルフアドボカシー」といいます。

それは、私たちが誰にも遠慮せずに行使していい当然の権利です。

特に未成年の子どもについては、 「その子どもにとって一番良いと思われることが社会の中で考えられなければならない」と 法律で定められています。

つまり、もしあなたが今、何かのつらさを抱えているのなら、 それはこの社会が責任を持って解決するべきものなのです。

そのためにも、どうかそのつらさを周りの人に伝えてください。

あなたの周りには、あなたが気づいていなくても、 あなたの話に耳を傾け、 あなたの味方になってくれる人が必ずいます。

恐れずに、自分の胸の内をさらけだしてください。

どうしても周りにはそういう人がいないと思う人は、 学校や自治体、国の窓口に相談してみてください。

もちろん、国立成育医療研究センターの【こころ×子どもメール相談(12月31日まで)】でも構いません。

あなたの声をきかせてください。

 

■この動画に収録されている歌について この動画に収録されている歌は、 できるだけ多くの子どもたちに届けたいという制作意図を踏まえ、 公開から2022年8月27日までの1年間に限り、 下記の<注意事項>に従って、無償で誰でも自由に利用することができます。

例えば、この動画に収録された音源(歌唱・演奏)を学校やイベントで流したり、 自分で歌って録音した音源をインターネットにアップロードしたり、イベントで歌ったりすることができます。

 

<注意事項>  

・「悩みやつらさを抱えた子どもたちのため」という趣旨に反する利用はしないでください。  

・商業的利用はしないでください。  

・この楽曲は、2022年8月28日以降は、JASRAC等の著作権管理事業者に管理を委託する予定で、この管理事業者と許諾契約を結んでいるYouTube、Instagram、TikTok、LINE LIVE、Facebook等のサイトでは引き続きご使用いただけますが、管理事業者と契約のないTwitter等のサイトでは、許可なく使用できなくなります。

 

お問い合わせは、下記NHKエンタープライズお問い合わせフォームまでお願いいたします。

【NHKエンタープライズ お問い合わせフォーム】

https://www.nhk-ep.co.jp/contact/

 

■制作スタッフ

曲名:とどけ 歌:

Uta 作曲:Uta

作詞:Uta かがやきく

編曲:兼松衆

歌詞原案:田中恭子(国立成育医療研究センター)後藤遷也

イラスト:後藤裕子

制作:NHKエンタープライズ

企画監修:国立成育医療研究センター

 

■助成団体について この動画制作には、公益財団法人東京コミュニティ―財団および、READYFOR株式会社が行っている「新型コロナウイルス感染症:いのちとこころを守るSOS基金」の助成金が使われています